09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

IHARA Note : [大学教育]とあるものの取り方。について 

IHARA Note : [大学教育]とあるものの取り方。

ブックマークなどせずに、こっそり楽しんでいただけたら幸いである。

と書いてあるので、ブックマークしないでおく。
ただ、リンクは張らせて頂く。


IHARA Note : [大学教育]とあるものの取り方。

修士号の取り方である。ただし、理論系の工学に限る。
まず、目をうつろにする。大学院に入ってから一ヶ月くらいで目をうつろにするとよい。とにかく気を病んでいるようによそおう。

これには薄々とは感づいていたけれども、こうやって文章化されたのを見ると身の毛がよだつ。
この記事は理系大学院生ならほぼ皆が共感できるんじゃないだろうか。
自分がその状況じゃないとしても、少なくとも一人くらいはそういう人を見かけたことがあるはずだ。
こういう学生は研究室で過ごす時間を外で遊ぶ時間に充てているんだろう。

学生時代に遊んどいたらいいとはよく言われるけど、それって学生時代に遊びだけしておいて勉強しなくていいということなんだろうか。
僕はそうではないと思う。
その真意は学生時代は勉強を十分したとしても時間があまるから、そのあまった時間を遊びに充てたらいいということであるはずだ。
勉強しなくていいということではない。
ここでいう勉強というのは、座学だけのことを指す狭義のものではなくて、バイトを通した社会での労働経験や海外に行って見聞を広げたり、自分でビジネスのことを学ぶことも含めた広義のものなのであしからず。

ただ、この問題は思っている以上に溝が深いように感じる。
以下の部分にも関係するので更に引用。

IHARA Note : [大学教育]とあるものの取り方。

もし内定の時期が卒業後であれば、今よりは留年させやすくなる。
また、内定の時期が卒業直前であれば、企業側がある程度は研究能力を踏まえて人選をしてくれることだろう。

前者は合っていると思うが、後者は違うと思う。
おそらく企業側は、研究職採用でもない限り研究能力なんてものを評価していない。
研究内容ではなくて、研究をいかに分かりやすく説明できるかということに重きが置かれているからだ。
だから、内定時期を卒業直前にした所で採用基準はそれほど変わらない気がする。

結局この問題は、企業と大学との間の齟齬、その間に開いているあまりに深くて底が全くみえない溝によるもので、大学で学んだことが働いてから役に立つ可能性が少ないという点に行き着く。
このエントリで言及されている問題は、企業サイドの考えである、大学の勉強を頑張ってくれてもいいけど別に頑張らなくても入社後頑張ってくれたらいいと考えている所が真因だ。
簡単に修士号が取れてしまうという問題の先にあるこの状況をどうにかしないといけない。

まとめると、このエントリに書かれている学生がほとんど研究をすることなく修士号を取り、社会に出てから何事もなかったかのようにけろっとして働いているのは、大学での研究が企業にとって関係ないと判断されている点が原因なのであり、そこを直さないとこの問題(簡単に修士号が取れてしまうこと)は解決できないと思う。
そしてこれは、先にも述べたが溝が深い。
盲目的に欧米がいいと言うのは間違いであるけれど、この場合は参考にしてみてもいいかもしれないと思った。

それにしてもこのブログすごく興味深いこと書いてて面白い。
どんな人が書いてるんやろか。
スポンサーサイト

カテゴリ:その他

2007.12.17 Mon. 01:50 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« 12月16日~18日
12月13日~15日 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

簡単に取れるはずの修士が危うくなってきました。
はぁ。

URL | tasu #-

2007.12.17 06:41 * 編集 *

今のポスドク問題なんてのが典型例ですね.
院を推奨するシステムを作ったのは紛れもなく官僚ドモです.
「高学歴ワーキングプア」でそれが言及されてます.

奴隷養成所と化した研究室なんてのも理系研究室にありがちですが,
たとえそれが業務遂行能力の引き上げにつながっていたとしても俺は生理的に無理.

「搾取される側」に回らないためにも,
結局個人が主体的に何をやるかじゃね?

URL | vivi #-

2007.12.17 11:59 * 編集 *

調べてみたらあっさりでてきた.
こんな人です.

http://recognition.web.fc2.com/profile.html

URL | vivi #-

2007.12.17 20:27 * 編集 *

>tasu氏
俺このエントリ読んで勢いあまってこんなエントリ書いたけど、俺も修論書けるかちょっと心配になってきた。
病んだふりしたらいいでなんてことは不謹慎すぎて冗談としても言えん。


>vivi氏
主体的にバリバリやってたら得るものも多いね。
研究そこそこで他はバイトやったりして勉強するのもいいと思う。
ただこのエントリに書かれてる状況はちょっとひどすぎる気がして、勢いあまってこのエントリを書いてしまった。
後悔はしていない。

んで、IHARANoteの自己紹介HPあったんやな。
今ブログの方の「はじめに」読んだら大学名も書かれてた。
前は大学名書いてなかったはずやのになあ。

この人実名出しててこんだけのこと書いてるんか。
つええ。

URL | DerAmpel #ycqBqGOY

2007.12.18 05:07 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimagure9.blog27.fc2.com/tb.php/138-2248c46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 It's Not Like the End of the World all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。