05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Foresight 

昨年の10月頃から資格試験ラッシュだったので、DHBRを読む時間がなく放置していたら今現在で4冊も積本となってしまった。

んで、しばらくは資格受ける予定もないし積本を読もうとしたが、さすがに前みたいに全ページ頭から読むくらいに時間は取れん。

てなわけで、概要を読んで面白そうなやつだけ読むことにしたのです。
どこに何が書いてあるかを朧気に覚えておきさえすれば、頭ん中にその情報にアクセスできるフックを垂らしておきさえすれば、後で気になったときにまた読み返せるし。
そもそも、DHBRは本来こうやって使うものなのかもしれない。

それで、発見した面白かった記事の紹介。
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2008年 12月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/10)
不明

商品詳細を見る



『ロングテールの嘘』 -オンライン・チャネルが「一人勝ち」を加速させる-
ハーバードビジネススクール 准教授 アニタ・エルバース

二〇〇六年、『ワイヤード』誌の編集長クリス・アンダーソンが、『ロングテール』という書籍を著し、これは世界的に注目されることとなった。アンダーソンによると、膨大な品ぞろえから、各自の好みに近い商品を探し出し、購入できる現代にあっては、嗜好はますます細分化し、没個性的なヒット商品は生まれにくい。したがって、オンライン・チャネルでは、大ヒット商品よりも従来の流通システムに乗らないようなニッチ商品のほうが儲かるー。ところが、現実のデータによる調査が明らかにした事実は、やはりヒット商品が売上げの大半を支えており、ロング・テールは儲からないというものだった。本稿では、アンダーソンのロング・テール理論の嘘を喝破する。



これを簡単にまとめたら、
①ロングテールの部分が売れるようになったといっても、尻尾の部分が細長くなっただけであり、ニッチな商品の売上げをかき集めてもメジャーな商品のそれには及ばない。
②ニッチ商品が売れるというより、ヒット商品の一極集中が進む。

記事の内容を説明するのは面倒だからこれくらいでやめとくけど、たしかに上記二つは言えてるんちゃうかという気がします。
特に②が的を射ている。

僕が考えるに、インターネットによって消費者の商品の批評へのアクセスが容易になったことがその理由やないですかね。

例えば、デジカメを買うとなったとします。

昔なら、その商品に関する情報は作り手側からのマスメディアのものばっかりだから、商品のマイナス情報があまり手に入らずに、その時に入手していた中で一番評判の良い商品を買うことになります。
それは、実は業界3位や4位くらいの商品である可能性は充分にある。

けど今なら、何かしらの商品を買おうとした際にはまずはアマゾンか何かで批評をみます。一般消費者の声を聞きます。少なくとも僕はそうしてます。
そしたら、比較的少ないステップ数で、最も評判の良い、業界で1,2番の商品に辿り着きますよね。

つまり、昔なら売れていた真ん中くらいの商品が売れず、その売上げがネットでの人気が高い商品に流れるという仕組みですわな。今、色んな分野で淘汰が行われ、その業界の上位数社が全体シェアの大半を占めるようになったと言われてるけど、それはまさにこの現象によるものじゃないですかね。

そやから、インターネットによって消費者の好みが細分化して多様な商品が好まれるようになるという、所謂ロングテール理論も間違ってはないが、所詮ニッチはニッチであり、それ以上にヒット商品の一極集中のが影響が大きいと。僕は思います。


そいや、新潮社のフォーサイトて雑誌ってどうですかね?

これです。
http://www.shinchosha.co.jp/foresight/index.html

これ定期購読しようかと思ってるんですが、まずは巷の評価を知りたい。
教えてエライ人。
スポンサーサイト

カテゴリ:その他

2009.01.10 Sat. 01:06 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« GLORY DAYS
想像の »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

こんにちは

新潮社の「Forsight」ての面白そうやね。
2日前に近くのジュンク堂で立ち読みしようと思ったけど置いてなかった。

日本だけじゃなく、世界のことも書いてある雑誌少ないもんな~。クーリエジャポンはオシャレな感じのコメント集みたいな感じがするし、日本版Newsweekは、なんか偏りすぎるんかな、、あとアホみたいな特集が多い気がする。
どちらも毎回ちゃんと読んでないので感覚だけれど。
Forsight取り寄せてみようかな。ちょっと期待してる。


ぼくとしては最近ニュースが理解できていないので
NHKの週間こどもニュースを週刊誌で作って欲しいです。

URL | あんぐり #-

2009.01.13 22:34 * 編集 *

>あんぐりさん

はい、こんにちは。
こっちにもコメントくれてたんやね。
気づかなんだ。
すまん。

内容についてはもうメールに書いたので、ここで俺から話すことはなさそう。

URL | KuboShi #ycqBqGOY

2009.01.16 00:24 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimagure9.blog27.fc2.com/tb.php/167-bfb6e586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 It's Not Like the End of the World all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。