05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

旅行_独り独 

8月8日~10日。
8日(水曜)
朝起きてフランクフルト空港駅へ。
ここでのそ氏帰国。
また半年後に。

そして最終的に独りとなりベルリンへ。
休み2週間取ったし、ついでにベルリンに行こうと思って計画したこの単独旅行は失敗だったとベルリン行きの電車で思う。
この時ものっすごいノスタルジアをおぼえた。
ホームシックといったほうが正確かもしれない。
僕もあのまま飛行機で日本帰りたいななんて思ってしまい、しかも今まで誰かと一緒だった旅行がいきなり独りになるというのがなんともいえん孤独感を味わわせてくれた。
ベルリンやハンブルク観光中は大丈夫だったけど、ホテルにいるときとかはものっすごい寒気やらに襲われてやばかった。
本を読んでなんとか気を紛らわせた。
こんとき読んでたのは白夜行。もっと明るい本持ってきておいたらよかった。

そんなこんなでベルリン到着。
ベルリン中央駅

中央駅が2007年に改装されたのは知ってたけどこんなにきれいだったとは。

この日はそんなに時間なかったので壁博物館だけ行った。
壁博物館

東ドイツから壁越えるために気球に乗って逃げた人や車で突破した人やら壁越えるの失敗して射殺された人のエピソードがあった。
そのときに使った気球やら車やらが展示されてた。
この壁一枚でどんだけの人が苦しんだのだろうか。

その後ホテルに戻って就寝。
ドイツに留学してから訪問した都市の絵葉書を自分のお土産用に買ってるんだけど、ベルリンの絵葉書はすごい。
ベルリンの壁付きの絵葉書がある。もちろんついてないのもあるけど。
ただお値段はやや高い。2.2ユーロくらいだったはず。
まあもちろん石付きのを買っておいた。


9日(木曜日)
朝早めに起きてベルリン観光。
まずカイザー・ヴィルヘルム記念教会に行った。
カイザー・ヴィルヘルム記念教会

塔がやや破壊されてるのは第2次世界大戦時に破壊されたときのものらしく、そのときの損害をそのまま残しているらしい。

そしてこれが戦勝記念塔ジーゲズゾイレ。
ジーゲズゾイレ1

対デンマーク戦争やらの勝利時に作られたものらしい。

写真じゃ分かりにくいかもしれないけど、かなり高い塔なのに上に登るには階段しか手段がなかった。
しかも塔が細いので狭い螺旋状の階段をぐるぐる回る。

やっとのことで着いたてっぺんから見た銅像。
ジーゲズゾイレ2


そしてブランデンブルク門。
ブランデンブルク門

この手前の道にベルリンの壁が建ってたよう。

ベルリンの壁

そしてベルリンの壁も見てきた。
広場にぽつんとした感じで置かれていた。

ドイツ連邦議会議事堂にも寄ってみた。
ドイツ連邦議会議事堂

ただ時間の関係上屋上のガラス張りのドームには入れず。
真ん中やや下の方に見えるのが中に入ろうと並んでる人の列。
こんだけ待つ時間は今回のタイトスケジュール旅行にはなかった。

といった感じでベルリン観光終了。
また行きたいけど、ベルリンやや遠いし(電車で6時間ほど)時間も土日くらいしかなさそうなので多分無理かな。
行けたらいこう。

そして17時くらいにベルリンを去りハンブルクへ移動。
ハンブルクに19時着。

そしてハンブルガードームというのをやってる時期だったので行ってみる。
ハンブルガードーム1

ハンブルガードーム2

遊園地と屋台がくっついてる感じぽい。
ここをぶらぶらしつつ夕食を適当に取りホテルに帰って就寝。


10日(金曜日)
ハンブルク観光。
ドイツ最大の港町らしく船を見に行ってみる。
ハンブルク港1

ハンブルク港2

ハンブルク港3

生憎天気があまりよくなかったけどまあ今まで晴れてたしよしとしよう。

この写真撮った後くらいにデジカメを紛失。
ホテルで最近窃盗が多いので注意して下さい的な警告文を読んだけど、まさかポケットに入ってるデジカメをぱくられるなんてことは、、、。
加えて僕はあんまり物なくさないからこれは本当に窃盗かなんて思いつつ、近場をうろつくこと1時間。

もうほぼ諦めて、最後に近くの売店の店員に聞いてみたらその人が持ってた。
道に落ちてたのを拾ってくれたそう。
ここで無くしてたらほんとショックだった。


ハンブルク駅付近は物乞いの人がけっこう多かった。
~~ユーロ下さい的な。
後ベルリンにて、一日乗車券を~~ユーロで売ってあげるよみたいなのも多かった。
怪しい感じがしまくったのでもちろん購入せず。
ヨーロッパは治安があまりよろしくないというのを再認識した。
南ドイツでも警戒しといた方がよさそうだ。
そういう風な感じで話しかけられたことはまだ一度もないけど。

そしてその後電車に乗ってカイザースラウテルンへ。
乗車時間約9時間ほどの予定だったが電車が遅れたため10時間以上かかり家に着いたのは深夜1時。
疲労困憊のためシャワーだけ浴びた後、倒れるようにベッドに横になり就寝。

お疲れ様でした。

メモ代わりとして記載:
この旅の間に読んだ本
・フューチャリスト宣言
・国家の品格(ある意味この二つは対極の立場にある本か)
・白夜行(少々)
スポンサーサイト

カテゴリ:ドイツ留学記

2007.08.15 Wed. 03:18 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 狭間
旅行_伊 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimagure9.blog27.fc2.com/tb.php/85-dfdc29c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 It's Not Like the End of the World all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。